好きなこと・やりたいことが全てなのか。

気持ちの整理がつかないので、結論は出ていないけれどここに残しておきたい。

 

私はこれまで何不自由なく育ててもらった。一人っ子で、親や親戚からは大事に大事に、必要なものは全てもらった。

 

幼いころから人見知りで最初こそ消極的ではあっても、環境になれると誰とでも仲良くなったし、学級委員や学年全員の前に立って何かをすることも普通にこなせた。

2歳の頃からピアノを習い始めて 発表会のたびに大きなホールで演奏することがあったから、そのおかげで人前に立つことに慣れていたのかもしれない。

よく人前に立つから、学校では人から顔を覚えてもらっていて 向こうから親しげに話してくれることもあった(私は相手を知らないことが多かったが)。

 

ピアノ、ドラム、塾、ソフトボール、絵画教室と小学生の頃から習い事をさせてもらったので、片田舎の学校では文武両道、芸術の方面も人並み以上にはできていたと思う。もちろん社会に出れば自慢できるようなレベルではないのだけれど。

 

しかし、スキルのレベルよりも私に大切だったのは「人並み以上にこなせて褒められること」だった。人よりできて当然、これだけ恵まれた環境で育ったのだから、とそれは自分へのプレッシャーでもあり自信の裏付けにもなっていた。恵まれた環境というのは、他の家庭状況や友人との金銭感覚の差を知るにつれて知っていった。

 

両親は二人とも経営者で稼ぎはあり、なおかつ一人っ子の私に全て愛情が向けられる。どんな人とも広く浅く仲良くでき、特に大きな苦手分野もない。真面目で堅実家、努力の仕方も知っているし、向上心がある。

 

学校の中ではきっと「よくできる子」という立ち位置だろう。計画性はなく突発的で 人の顔色の変化には敏感だが 人は人で自分は自分と思っているので特に手出しはしない。だから皆をまとめる情熱的リーダーという模範生にはなれないかもしれない。まぁ情熱はなくてもリーダーくらいはやれるしこれまで何度もやってきたけど。

 

 

上記のような自負を口に出すことは恥ずかしいし、「よくできる子」なんて言っておいて受験でもあれだけ熱中した高校バスケでも失敗しまくりの人生だったからカッコ悪いのだけれど、僕は大体のことは何でもできたから 「やりたいこと」より人に褒められたり人より上手くできることを優先して生きてきたように思う(ただの自分の感想なので、他者から「いや、お前はそんなタイプじゃなかった。中の下レベルだったよ」と言われても知ったこっちゃない)。

 

大学3年生の時に「もっと自分の本音に素直になって好きなことをやりたい」と思い、大学を休学して世界一周し、その期間中にイラストを描いていた。僕は中2で「教師にならなきゃ」という義務感で教師を目指す前は、漫画家やモノづくりをする人になりたいと思っていた。何かを作るのが何よりも好きな子供だった。

 

その休学中の経験から、とりあえずは夢の区切りとして教員免許は取得するけれど、大学を卒業したらモノづくりの道に進もうと決心し、大卒後は1年間 東京ゲームデザイナー学院でデッサンや2D・3DCGの勉強をした。この期間は本当に楽しかった。

初めて生きている心地がした。これまでの人生っていったい何だったんだろうって思うくらい楽しくて充実していた。たとえ教室内で自分が一番絵がうまくなくたって、自分が前よりも上手く描けることが嬉しかった(もちろん自分の性というか、誰よりも上手くなることは念頭にあったけれど)。

 

専門学校卒業後、私はインターンとしてWEBデザイナーの職種で企業のお世話になっている。職場は至れり尽くせりで初心者の私にとてもよくしてくれている。これまでの経験から社会の冷たさを覚悟していた僕にとっては本当にありがたいし、念願の東京で居場所を与えてくれた社長さんにも本当に感謝している。

 

職場や職種に全く不満はないし、うまくいきすぎて本当に大丈夫だろうかと心配になることもある。

 

 

ただ、念願の職種だとしても、去年と変わらず楽しいかと言われれば一点の曇りなくYESとはいえない。なぜなら今は毎日筋トレをしているようなものだからだ。

 

私は中学の美術部から高校に入ってバスケ部で1からバスケを始めたとき、最初は体力もなくてキツイばかりで、全然楽しいとは思えなかった。けれど周りの仲間から丁寧に教えてもらったり、少しずつドリブルの回数が増え、シュートが打てるようになって初めて好きになっていった。だから、今もそれと同じような境遇なのだと思っている。

 

時々、今日のように心が晴れない日は「今やっていることは楽しいとは言えないけれど、それでも自分は道を間違っていないと言えるだろうか」と自問することがある。

 

昨年やりたいことをやれる日々の楽しさを知って、これからは一生好きでもないことはするまいと決めた。だから「あぁ疲れたなぁ、休みたいなぁ」という日々が続くと「本当に楽しいと思えることをやっているのか?また自分の心に嘘をついて努力でなんとかしようとしてるだけじゃないのか?」と不安になってしまう。

 

好きなことを続けるためにやらなくちゃいけないこともあるだろうけど、それも乗り越えられるのが本当に好きなことじゃないのだろうか。今は自分の「好き」に自信が持てなくなってきているし、今やっていること以上にやりたいこともない。

「好きなことをやる」ことがどういうことなのか分からなくなってきている、今日この頃です。